うっかり落として画面割れ!?iPhone修理について初心者にも分かりやすく解説

iPhone修理の依頼では、特に画面割れに関するものは多いといわれています。
軽度であっても、さらに状態が悪くなる可能性はあるので早めに直しておきたいものです。
まだ購入して間もないという人は保証内容も確認してみましょう。
急いで修理したいなら、非正規店に依頼するという方法もあります。
こうしたお店では特に予約の必要もなく、その場で対応してくれることも多くなっています。
料金を抑えたい人もこうしたお店を活用してみてはいかがでしょうか。

うっかり落として画面割れ!?iPhone修理について初心者にも分かりやすく解説

iPhone修理の依頼にも様々な種類がありますが、特にうっかり落下させるなどで画面割れが発生することは多いものです。
画面が割れたままだと見づらくなりますし、放置しているとヒビも広がっていきます。
修理は早めにしておきたいものです。
iPhone修理は正規店に依頼することができますが、正規店の場合は修理に時間がかかる傾向もありますし、大切なデータも失われてしまいます。
できるだけ早く直したいなら、非正規店の活用も考えてみましょう、画面割れ程度なら、短時間で修理できることも多くなっています。

iPhone修理は故障内容で修理料金が変わる

iPhone修理の値段は、故障内容で変わりますが、正規修理店と非正規修理店などiPhone修理の依頼先によっても異なるため、ここではアップルに修理を依頼した場合の金額を紹介しましょう。
iPhoneの修理で多いといわれているのは画面修理とバッテリー交換、そして本体交換の3つです。
修理がこの3つの中でどれに該当するのかで修理の金額が変わるため事前に確認しておくと安心に繋がります。
iPhone12を例にすると、画面修理では36,680円ですが、これはApple Care+が適用されない場合で、適用されると3,700円で済みます。
バッテリー交換はiPhone X以降のモデルは8,140円ですが、保証対象の場合は無償です。
本体交換の場合も、Apple Care+が適用されると12,900円ですが未適用では57,980円の費用が掛かります。
このように保証が気起用されたり、Apple Care+が適用されるか否かと故障内容で金額が変わるので修理すべきかそれとも機種変更をするのかの目安にすると良いでしょう。

アップルリペアセンターはiPhone修理の正規業者の一つ

iPhone修理は、正規業者と非正規業者のいずれかで対応して貰えますが、一般的に非正規事業者と聞くと怪しいなどにイメージを持つ人や修理代金が高いなどの印象を持つ人が多いようです。
しかし、非正規業者といっても技術力が非常に高いお店が多数ありますし、アップルの純正パーツは使用しないので代替え部品で修理代を安くできるなど色々なメリットがあります。
ただ、現在利用している端末が保証期間内の場合や万が一の備えで加入しているApple Care+などのサービスが適用されないので、これらのサポートを受けている人は正規業者の一つでもあるアップルリペアセンターやApple Storeなどアップルが開設している修理窓口がおすすめです。
ちなみに、近所にApple Storeがある場合はその窓口で修理の依頼ができますが、お店がない場合はアップルリペアセンターに配送修理を頼むと良いでしょう。
iPhone修理依頼は、公式サイトもしくは電話で可能になりますし、配送によるiPhone修理は公式の修理サービスなどからも安心して任せることができます。

Apple Storeや正規サービスプロバイダなどもiPhone修理の正規業者

iPhone修理の依頼先を選ぶ時、正規業者の方が安心なのでアップル正規サービスプロバイダを選択する人も多いのではないでしょうか。
一般的には、Apple Storeやアップルのリペアセンターの配送修理が正規店になるのですが、サービスプロバイダはアップルの許可を得てiPhone修理のサービスを展開している業者であり、正規業者に含まれるものと考えて良いわけです。
非正規店の中にも、技術力が非常に高くて修理費用が安いお店もあるのですが、サービスプロバイダの場合は純正パーツによるiPhone修理サービスを提供しているため修理における品質はApple Storeやアップルリペアセンターと同等といっても過言ではありません。
ちなみに、2021年8月時点でのApple Storeの数は日本国内では10店舗のみですが、正規サービスプロバイダ店は多数あるのでApple Storeは近所にないけれども正規サービスプロバイダなら近所にある場合は安心して修理を任せられます。

アップルリペアセンターはアップルが開設しているiPhone修理のための窓口

アップルリペアセンターはスマホやタブレット、パソコンでおなじみのアップルが開設するiPhone修理の窓口で、申し込みになくてはならない存在だといえるのではないでしょうか。
iPhone修理はアップルストア店舗の他、正規サービスプロバイダのお店に持ち込んで依頼する方法があります。
アップルリペアセンターはオンラインや電話で申し込む場合の送り先で、来店せずにiPhone修理を依頼できるのが魅力です。
保証期間内でメーカーが規定する条件の故障であれば、iPhone修理が無料、あるいは手頃な価格で受けられる可能性があります。
正規サービスプロバイダではなかったり、非正規のお店だと修理の品質が不安定だったり、直ったと思っても新たな問題が生じることがあるので注意です。
特別な理由がない限り、最も安心して任せられる窓口はやはりメーカーのものですし、最低でも正規サービスプロバイダに持ち込むのが正解となるのではないでしょうか。

iPhone修理に関する情報サイト
iPhone修理について

iPhone修理の依頼では、特に画面割れに関するものは多いといわれています。軽度であっても、さらに状態が悪くなる可能性はあるので早めに直しておきたいものです。まだ購入して間もないという人は保証内容も確認してみましょう。急いで修理したいなら、非正規店に依頼するという方法もあります。こうしたお店では特に予約の必要もなく、その場で対応してくれることも多くなっています。料金を抑えたい人もこうしたお店を活用してみてはいかがでしょうか。

Search